はじめに

ここに、これから書く知恵ノートの要約を読む人に分かりやすくまとめて書いてみましょう。

例)●●の手順を書きます。



今、人気が上がっている公立中高一貫校を受ける際の勉強法などをまとめました。




過去問を解く

まず、受験する学校の過去問を解きましょう。これは過去何年かの問題をまとめた問題集も売られていますし、学校のホームページにも載っていることがほとんどです。

この際、時間を計ってやることが大切です。はじめは、時間内にできなくても繰り返しやることでできるようになります。

過去問は、なんどもやることが必要です。

余裕があれば、他校の過去問もやってみてください。(その際、受ける学校の問題と      似た形式の問題を解くようにしましょう。)
 

新聞を読む

実際の適性検査でも時事の要素が入っているときがあります。また、天声人語などのコラムを読むと、文章力もつくのでおすすめです。


 



 






観察する。

周りのものを観察することが必要です。野菜の断面の問題が出ることもあります。

           

 

小学校の基礎固め

公立中高一貫校の問題では私立と違い、基礎が重視されます。漢字や計算などの簡単なものを完璧にしておきましょう。