今日は「湯を沸かすほどの熱い愛」を鑑賞してきました。

 

f:id:Silverbirch:20161127204307j:image

 

オダギリジョーは気弱な男の役が多くなってきた気がします。

9月公開の「オーバー・フェンス」でもそんな感じだったし。

 

個人的には、こうゆう「子供の世話を通して、逆に大人が成長していく」作品が大好きです。

いや、この作品はそれとはちょっと違ったけど。

 

ただ、随所に監督の変態性が垣間見える箇所があったので、たぶんそこに引っかかる人がいるのかな、と。

 

きのこ帝国の主題歌も、作品にマッチしていてよかったです。

 

 

というわけで、全ての人に勧めることはできないですが、なかなかの秀作でした。