平子理沙がサイバー攻撃による被害訴える
http://news.livedoor.com/article/detail/9529071/

悪質なネット操作業者による関与の可能性が浮上したといい、その業者について「年間で何百万 円か払うと自分に都合の良いサイトを作ってもらえ、検索でそのサイトを上位に上げて、自分に都合の悪い検索ワードやサイトを検索にかからない様にする」 「狙ったターゲットのネガティブなサイトを沢山作り、ネガティブな画像や検索ワード、ネガティブサイトを上位にして悪評やイメージダウンを狙う」と説明。 「昨日の深夜にも目の前で、良いコメントが消される瞬間を見てしまいました」(すべて原文ママ)



国際ハッカー集団「アノニマス」カナダの15歳少女を脅迫し続けた男の名前と住所を公開! http://gamehitoiki.doorblog.jp/archives/51386676.html
警察が「ネット上の書き込みの犯人を特定するのは困難」としていた今回の事件に、国際的ハッカー集団、「アノニマス」がアマンダさんを死に追いやった主犯格とされる男(彼女の胸の画像をネット上にばらまいた)の名前と住所を公開!


サイバーストーカーhttp://ja.wikipedia.org/wiki/サイバーストーカー
  • ウェブサイト内での嫌がらせ。
    • ストーキング対象者が書き込んでいるウェブサイトを検索エンジンで根こそぎ探し出し、そこに誹謗中傷などを書き回る。
    • 匿名掲示板などにストーキング対象者の誹謗中傷を書き込んだり、同掲示板の住人に嫌がらせを実施するように仕向ける。
    • ストーキング対象者の過ぎ去ったことに対しいつまでも追求し、延々と嫌がらせを続ける。
    • サイバーストーカーがストーキング対象者に成りすまし、ウェブサイトに第三者の反感を買うような発言を書く。
  • スパムの大量送信。
  • 個人情報の暴露。また、それによる勤務先や学校などへの嫌がらせ。
  • ウイルス技術などを活用してストーキング対象者のパソコンに侵入する。
  • 住所などを割り出して物理的なストーキングを行う。覗き・監視、汚物の撒き散らし、住宅の破壊、宅配ピザなど出前ものの大量注文など。

これが阿修羅に巣食う電通工作員

http://www.asyura2.com/11/kanri20/msg/603.html

これは軍隊のサイバー部隊の行っている仕事の「民営化版」である。

 ネット上で「同一意見」が多数、存在し、多数派となった意見は、こうして「金で買われたデマ宣伝」になる。多数派の意見が「政策として実現される」民主主義は、一部の金持ちの独裁政治と同義語になった。


植草さんの時は電通工作員(?)はマスコミでもネットでも大活躍だったね:
植草氏を擁護するブログには、執拗な批判を書き込む人が必ず居座る。2チャンネルにも。あらゆるメディアを横断する植草氏への悪評流布は、大掛かりな組織 がなければ不可能に思われる。あるサイトには、このキャンペーンに大手広告代理店(電通)が関与しているとの指摘もあった。


ネット工作員の正体と消し屋の正体

http://ameblo.jp/64152966/entry-11925550749.html


巨大広告代理店ーーーはっきり言えば
電通とマッキャンベリ博報堂ですが、
この中のある部門(電通の場合○○連絡部という呼称です)に、
ここで皆さんがおっしゃっている「組織」の司令塔があります。

ここに多数のマーケティング会社・リサーチ会社・
メディア各社の役員と編集部幹部・PA企画製作会社が集められ、
その下に、様々な職種のマンパワー・人材が集められて、脱原発や
反核の動きに対応するためのPA(パブリック・アクセプタント)
戦略が練られて、 その末端の末端で、あるアルゴリズムの下に
定められた戦術の実戦部隊としてふるいにかけられた若者たちが、
派遣社員として国内数ヶ所の「オフィス」で、
削除型・まぜっかえし型・ヘイトスピーチ=悪口雑言型・
安全神話型・新安全神話型などとタイプ別に分けられて、
働かされているのです。



黒い手帖

創価学会「日本占領計画」の全記録

元公明党委員長 矢野絢也

http://cultbokumetsukonzetsu.web.fc2.com/04s07.html

私はかつて、学会内のハイテクを担当する部屋を案内されたことがあった。コンピューターなどのハイテク機器にはあまり詳しくない私でも、ずらっと並んでいるのが最新設備だとわかった。これが一〇年以上も前の話だ。今は、学会のハイテク技術は、当時よりはるかに進歩しているはずでえある。

 創価学会がハイテク強化に注力しているのは、ひとつには敵対者や敵対組織の情報収集の大きな武器となるからだ。これまでも、学会は盗聴事件など数多くの非合法活動を行い、世間から非難を浴びた。古い事件では、一九七〇(昭和四五)年、学会がしかけた宮本顕治(当時は共産党委員長)邸など共産党関係者への盗聴がある。


++++++++++++++++++++++++++++++++++


集団ストーカーの犯人は業者並みの設備を所持し、

スキルも可也ある為に、


  • 追跡
  • 特定
  • 書き込みを消す
  • 書き込みさせない
  • パソコンの動作をおかしくする
  • 改ざん
  • インターネットの待ち伏せ
  • 検索結果の操作


等の悪戯をしてきますが、日本の世間一般の人々は、そんな事が出来る訳が無いと思い込んでいるため、警察でも「IPで分かるのはねぇ、市町村までなんだよ〜。」と暢気な事を言ってます。


そういう業者が存在しているらしいのですが、絡んで来る相手が日本語上手過ぎなので日本人だと思います。


層化には盗聴監視専門のハイテク部屋があるとか。(元公明党委員長 矢野絢也著 黒い手帖)



因に最近では、怒らせてワザと書き込みさせるとか、色々手口変えてます。

絡み方が異常にこなれていて、苛つかせたり、怒らせるのがうまいので様注意です。

仕事だからでしょうね。のらりくらりと論点を外して、だからそうじゃないって!等と言わせる感じですね。


口癖を似せたり、ID似せて2ch書き込み等常套手段です。


常に出来なかった事を上から目線で○○しろと仄めかしたり、ムカッとくるタイトルを付けて検索上位に表示したり、ペットが死にそうな時に不吉な事ばかりが上位表示される等、一見、普通に検索結果が出た様に工作されます。


これはニュースのヘッドラインやバナー等に応用される事もあります。